3spice POD出版 ライブラリー

星の王子さまの復活 ノンフィクション

time 2019/10/01

タイトル 星の王子さまの復活 ノンフィクション
作者 横山三四郎
発売日 2019年10月1日
価格 定価:本体1,782円(税込)

内容紹介

星の王子さまは二十一世紀の現代にどうしてよみがえってきたのでしょう。それはいさかいの絶えないこの地球という惑星のことが心配でたまらなくなったからではないでしょうか。
著者のフランス人作家、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの操縦する偵察機がマルセイユ沖に沈んでいたこととその死が明らかになってから、このように思う気持ちが強くなってきました。近ごろの世の中は不穏で,作家が行方不明になったころに似てきました。
わたくしはマルセイユ沖で発見された作家と妻コンスエロの名前を刻んだ銀の腕輪のミステリーを解明しなければと取材に飛び歩いたことがあります。この本はそれがサンテグジュペリの乗った飛行機であることが最終的に確かめられるまでを書いたノンフィクションです。
地球は第二次大戦後、しばらくは平和が続いていましたが、今また風雲急を告げて中東、さらには極東アジアでミサイルやドローン兵器が飛び交うようになってきました。このような状況こそサン=テグジュペリが最も嫌い、やめさせようとしたことでした。
作家が海の底での六〇年もの長い眠りから覚めて、星の王子さまとともに現代によみがえってきたのは、目には見えないけれども大切なものがあるのだということを知らせるためであるに違いないのです。
いまこそ作家の分身である星の王子さまの声に耳を傾け、その知恵を学んで平和を守り抜きましょう。 著者から

著者紹介:
ジャーナリスト。星の王子さま研究家。著書に「サン=テグジュペリ」(講談社火の鳥伝記文庫)、「ロスチャイルド家」(講談社現代新書)、「ペルシャ湾」(新潮選書)、「ユーロの野望」(文春新書)など多数がある。サンテグジュペリ搭乗橋がその製造番号「2734」によって最終確認されたことをフランスよりも早く東京発で報じた。

down

コメントする




写真集・イラスト集

社会・思想・哲学

趣味・カルチャー